1. HOME
  2. ブログ
  3. アンサンブル勉強会

アンサンブル勉強会

本日は、ピティナピアノコンペティションのバロック時代の課題曲についての勉強会を行いました。

今日の先生は、バロックチェロ奏者の永瀬拓輝先生(私の弟です)。

ピティナピティナコンペティションの参加要項の表紙に「四期を弾き分ける」と書いてあります。
「バロック」らしさって何だろう?どのように伝えたら生徒たちに、それぞれの時代を感じてもらえるだろう?と考えた結果、今日の勉強会の開催に至りました。

実際に、いつもは一人で弾いているピアノにチェロが加わると、より音楽に厚みが増し、生徒たちの表現も驚くほど変わりました!

やはり口で説明するよりも、実際に体験してもらうのがいい!

生徒たちも「楽しかった!」「チェロの音がキレイだった!」と感想をもらいました。

体験レッスンのお問い合わせは→こちらから

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事