チェロ講師 /ながせひろき永瀬拓輝

幼少期、ピアノを習いに行くと、いつもレッスン室の2階から、ピアノの音ではない、
男性の歌声のような優しい音が聞こえてきました。それが私とチェロとの出会いです。
ピアノを教えてくださっていた先生のご主人がチェリストだったのです。
ピアノのレッスンに行くと聞こえてくる温かいチェロの音色に一瞬にして虜になってしまいました。
チェロは、人間の声に一番近い楽器と言われております。
温かくて、気持ちが落ち着くような音、時には激しい音など自分の感情をそのまま音として出せる、そんな魅力のある楽器です。
また他の楽器に比べて、身体と楽器の密着度が高いため、身体に音の振動が伝わり、気持ちを音に乗せやすい楽器です。
私は大学まで現代のモダンチェロを専門に勉強しており、大学院では古楽を専門に勉強しておりました。
モダンチェロも、バロックチェロもそれぞれに大変素晴らしい魅力があります。
それぞれの楽器や、時代背景を考慮し、現代のモダンチェロの良いところ、バロックチェロの魅力などもお伝えできたらと思っております。
チェロは独奏曲も素晴らしい作品が多くありますが、室内楽などの様々な編成のアンサンブルにも、欠かせない楽器です。
楽器や音はその人自身を写す鏡です。音楽が生活の一部となり、音は自身と共に成長してゆくものだと思います。
皆さんも自分の音を、私と一緒に探してみませんか?

経歴

桐朋学園大学音楽学部卒業
東京芸術大学古楽科別科卒業
東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了
2012 年Stage de Musique Baroque de BARBAST(フランス)にて
R・ツィパーリング氏のマスタークラスを受講

お問合せお申込み受付

お申込み、お問合せの受付は、専用フォームをご用意しております。
下記フォームにご記入の上、お手続きをお願いいたします。

お問合せ

お申込み

※ご確認やご返信にお時間をいただく場合がございます。
余裕を持ってお手続きください。

TOP